マンネリ化した日常を一瞬で切り替えて新鮮な気持ちになるコツ

    日常のマンネリ化は多くの人々にとっての悩みでしょう。毎日、同じ時間に起きて、学校や会社へ向かい…家に帰って、テレビやYoutTubeを見て…お酒を飲んで…知らないうちに寝落ちている。そんなパターンでしょうか?意識的に習慣やルーティーンを作るのは素晴らしいことです。しかし、習慣に飲み込まれて、そこに退屈さを感じるようになったら危険信号。すぐにでも日常に変化をもたらしましょう。ファッションから、そして、そのほかのあらゆる要素から、日常に変化をもたらすことができます。今回は、マンネリ化した日常を効果的に断ち切るためのコツをご紹介します。   ファッションの色を思い切って変える   まずは、普段から身につけているファッションに狙いを定めましょう。決まったパターンの服ばかりで落ち着いていませんか。ボーダー柄好きのクローゼットはボーダーのシャツばかり。レザー好きであれば、レザージャケットばかり。そんな典型的な罠から抜け出しましょう。身につける服と、心の持ちようは大きく関係しています。例えば、黒い服ばかり来ていると、気分がどんよりしてしまうことも。決して。自分では想像もつかないような格好をする必要はありません。ワンポイントで、違う色を入れてみてください。例えば、今までTシャツにジーンズばかりだった人は、帽子を被ってみるとか、ワンピースだけだった人は、もう少し体のラインが出る服にするとか。方法は色々あります。   ファッションを切り替える時に便利なのがメガネや帽子といったアイテムです。髪型を変えるだけでも、印象が大きく変わります。人間に変化は欠かせません。自分に大きな変化をもたらしてみることで、思いがけない発見や驚きがあるはずです。変化した自分を鏡で見てください。これだけで、新鮮な感情が込み上げてくるものです。気分を明るくしたい場合には、明るめの色を選ぶようにしましょう。青や緑にはリラックス効果が、赤やピンクにはエネルギーアップの効果があります。色を加えることに抵抗がある人は、できるだけ体の中心から外れる場所に色を入れるように考えてみましょう。例えば、靴や腕時計の方が、比較的攻めた色を入れやすいものです。   小物を新しいものに変えてみる   小物を変えるだけで、毎日の動作が少し楽しくなるものです。できるだけ毎日使うものに狙いを定めてください。例えば、歯ブラシ、掃除機、食器洗いのスポンジなどなど…日常的に触れるものです。新しいものに買い換えることで、まず綺麗になり彩が増します。さらに、新たなものに触れるだけで、気分が明るくなるものです。   新しく買い換えることに抵抗がある場合には、むしろ減らしてみる作戦もありです。ものが増えすぎると、煩雑な雰囲気になり、どうしても「ザ・日常」の香りが漂ってしまいます。ホテルに泊まった時のことを考えてみてください。新鮮な気分になりますよね?なぜでしょうか?清潔で、掃除が行き届いていて…日常的に目にする、生活感のあるものが存在しないから。部屋から生活感の漂うものを片付けるのはおすすめです。新しいものに交換しつつ、生活感がありすぎるものは収納して…日常に新たな風を吹かせましょう。   新しい趣味を探してみる   趣味は大事な生き甲斐です。でも、どうやって趣味を?…と多くの方が途方に暮れることでしょう。オススメは、できるだけ継続できる何かを見つけること。継続して、一歩一歩進んでいることを実感できれば、日々が有機的に繋がって考えられます。目標の設定をすることも忘れてはなりません。決して、自分を厳しく追い込む必要はないのですが…目標はあった方が、継続します。   具体的に、何かの試験や資格を目指すのは効果的です。例えば英検3級合格といった目標を立てます。目標は高くしすぎる必要はありません。むしろ、頑張ればできるくらいのものにしましょう。それを達成できたら、次のステップアップをすればいいのです。さらに、ご褒美も用意しましょう。人間には報酬であったり、インセンティブというものが欠かせません。つまり、英検3級に合格したら…ハワイ旅行に行く!などですね。さらに、目標を身近に感じるために、ハワイの写真を部屋の壁に飾るなどの工夫をすることが効果的です。   続けられるか心配…という人は、できるだけ他の人との関わり合いがある何かを選びましょう。例えば、教室に通ってみるのはいかがでしょうか?英検に向けて一人で机に向かって黙々と頑張るのも簡単ではありません。そんな時には、英会話教室に通ってみませんか?そうするだけで、仲間ができて、お互いを励まし合うことができます。