2018年の秋冬はニットを着こなす

今年もいよいよニットの季節が近づいてきました。オシャレも保温性もバッチリのニットは寒い季節の強い味方。大人っぽく、キュートに、自分らしい着こなしでニットを楽しんでください。今回はいろいろあって悩んじゃう、ニットのタイプをご紹介します。

リブニット

厚みのあるデザインで存在感があり、縦のラインをつくってくれるのが特徴でワントーンでもかっちりとまとめてくれます。ボートネックやワンショルダーなど、首もとが広いものを選ぶと厚みのあるリブニットもすっきりとしたシルエットで着こなすことができます。カラー展開が多いので、好みの1枚を見つけてください。また、リブニットタイプのパンツも人気です。トップスをコンパクトにまとめるといいバランスになりますよ。

ケーブル編みニット

三つ編みのようなデザインがとてもかわいいケーブル編みニットは、女性らしさを出したいときに活躍してくれます。袖だけがケーブル編みになったものもあり、ゆったりとしたシルエットで着ると包まれているようなやわらかな印象に。首もとにたっぷりとしたボリュームのあるオフタートルタイプをえらべば小顔効果も期待できます。パステルカラーのパープルや、パステルブルーなどの寒色系を選べばやわらかな中にもほどよいすっきり見せに。

シースルーニット

室内や建物内ではあたたかいことも多いので、ジャケットを脱いだときにセクシーすぎないシースルーニットもステキですね。適度な透け感でごわつかず、軽やかな印象を与えてくれます。重ね着で利用することの多いシースルーニットは、ダークカラーを選ぶと全体がまとまりやすくなるのでオススメです。

スカラップニット

スカラップとはホタテガイのことを意味し、スカラップニットはその縁の部分のように波型のデザインを裾や襟もとに取り入れたもののことをさします。単調になりがちなニットのシルエットですが、スカラップニットなら1枚着るだけで大人っぽさ、女性らしさ、かわいさの3つを叶えてくれます。オーバーサイズのものではなく、自分の体にフィットしたスカラップニットを選んで、かわいいデザインをきれいに生かしましょう。

ニットワンピース

ワンピースタイプのニットは、ボディラインがきれいに出るので、簡単にセクシーな着こなしができます。あまりピッタリすぎるとインパクトが強くなりすぎてしまうので、ちょうどいいフィット感のものを厳選してください。響きにくいアンダーウェアで統一し、全体になめらかなシルエットを目指して。冬に大活躍してくれる裏起毛タイプのあったかレギンスパンツでカジュアルに楽しむのもアリです。

カーディガン

オフィスカジュアルにも取り入れやすいのがカーディガン。シンプルなシャツに1枚羽織るだけで印象が変わるので、持っているカラーバリエーションが豊富だと気分に合わせて手軽に違った雰囲気を味わえます。

また、ロングカーディガンも仕上げの1枚に最適です。グレーやアースカラーを持っていると応用がききやすくとても便利。甘すぎない女性らしさをさりげなく演出することができます。全体のシルエットをふんわりと見せてくれるので、ボディラインのカバーにも活躍してくれます。フードつきをセレクトすればちょうどよくカジュアルダウンに。

デザインニット

1色で着ることの多いニットですが、たまにはデザインニットを主役にしてみるのも楽しいですね。ドットデザインやチェック柄など、主張が強いだけになかなか出番が回ってきにくいデザインニットも、ほかをシンプルに抑えることで堂々とコーディネートのメインになってもらいましょう。デザインニットのカラーに合わせたパンプスやヒールがあるとなおよし。小物はシンプルなデザインのチェーンバッグでコンパクトに。

今年はVネックタイプのニットがトレンドとなっているので、ご紹介したもの以外のニットもVネックニットをセレクトすればイマドキのポイントをちゃんと押さえられます。Vネックニットならぼんやりしがちなニットのシルエットがキリッとします。着まわしもしやすく、1枚で着たり、インナーを変えてローテーションコーデを楽しむのもいいですね。

デコルテラインがキレイに見える首もとの広いタイプも今年の注目アイテム。すっきりとして見えるので、小物にはエコファーバッグを取り入れるとふわふわ感がいいバランスをとってくれます。今年は小物やシューズできれいにまとめて、ニットをどんどん着こなしてください。