2014秋ネイルデザイン、ドットの簡単やり方やコツは?柄や色は?

秋のネイルと言えば、
シックなカラーがテーマですよね。

でもいつも単色だけではつまらないです。

そんなときに、枯れ葉をイメージしたドットのとか、
少し爪に施すと変わってきますよね。

それでは今回はドットのネイルについてご紹介します。

スポンサードリンク

今年流行しそうな秋ネイル、ドット柄、色は?

秋のネイルはさまざまな種類がありますが、
だいたいカラーはオレンジから紫、
ワインレッドやベージュ等、
シックな色が出せるようなカラーが人気です。

画像1

ドットなら、大きい柄ではなく小さなものがオススメです。
画像2

ベージュや薄いピンクをベースにして、
その上から少し濃いドットを重ねると存在感も増します。
画像3

ベージュに黒は意外に合う組み合わせ。

ラメも合わせていくとすこしキラキラしたデザインの上に、
シックなブラックが来てキュートに仕上がります。

シールやチップを重ねると、
シックな印象以外にもきらびやかさが加わりますが、
主張しすぎないのでオフィスなどにもしていけるのがポイントですね。

セルフネイルの簡単なやり方やコツ、ペンの使い方は?

画像4
ドットネイルデザインに一番いいのは、2wayタイプのドットペンです。

大きさが違うので、
その先にマニキュアをつけてお好みの大きさのドットをつけて爪にぬるだけ。

これがあれば、均等の大きさのドットを書く事ができます。

しばらく慣れないうちは、
黒い紙などを下にしいて練習すると良いです。
画像5

また、ペンを使うのはいちいち買わなければいけなくてめんどくさいというならば、
つまようじを使ってみましょう。

先の部分ではなく、
柄の部分を使って書くといいです。
画像6

慣れてくるとこのようにきれいなドットが書けるようになってきます。
画像7

こんなデザインもある!

ネイルのドットデザインはポップな印象だけではありません。

画像8

このように少しぼかしを入れるとまた違った雰囲気になります。

方法は簡単。

つまようじやペンで書いたドットを少し崩せばいいのです。

少し水分を足して崩したりすると、
なかなかトップコートがつかなかったりするので、
あまり水分は足さないようにするといいです。

いかがでしたか?

ドットのネイルもさまざまなバリエーションがあり、
シンプルなものやポップなものをセルフでデザインすることができます。

ぜひこの秋はドットネイルででかけてみましょう。

スポンサードリンク